GDC 2014: Practical Techniques for Ray Tracing in Games ~Unityでレイトレーシング?

GDC 2014でPowerVRでおなじみのImagination Technologiesが”Practical Techniques for Ray Tracing in Games”というセッションをやるようですね.
Practical Techniques for Ray Tracing in Games (Presented by Imagination Technologies)
http://schedule.gdconf.com/session-id/828113
Imagination Technologiesはレイトレーシング用のアクセラレーションボードなども作っていて,レイトレーシング用APIのOpenRLなどを推進していますが,このセッションではUnityの人とやるようでセッション概要に”This presentation will describe how ray tracing has been successfully integrated into the Unity engine and combined with traditional rasterized 3D graphics.”と書かれているのでUnityにレイトレーシングを組み込むことに成功し,従来型のラスタライズ型のレンダリングと結合できたようですね。書いてあることが本当ならなかなか貴重なものになりそうですね(もしかしたらEXPOブースでは展示してるかもしれませんね).
OpenRL
http://www.imgtec.com/powervr/powervr_openrl_raytracing_technology.asp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です