"A 2.5D Culling for Forward+"のスライドが公開に

AMDの原田さんのサイトでSIGGRAPH ASIA 2012の”A 2.5D Culling for Forward+”が公開になっています.
https://sites.google.com/site/takahiroharada/
この手法は,Forward+のTile-based Cullingの改善手法でタイル内ライトの抽出の精度を高めるもののようですね.
タイル内ライト数が減ることはのちのちのフォワードパスでの無駄なライトの処理をしなくていいという利点があるんじゃないかと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です