DirectXのフォーラムに Windows Machine Learning (WinML) APIのスタートページが設置

DirectXのフォーラムに Windows Machine Learning (WinML) APIのGetting Started with Windows Machine Learningができています.

Getting Started with Windows Machine Learning
http://forums.directxtech.com/index.php?topic=5866.0

WinMLはWindows向けの機械学習ライブラリで,GPUを使った機械学習,機械学習モデルの実行などがカバーされていますが,SDKやGDCセッションスライドなどが紹介されています.

WinMLはWindows 10 RS4とWindows SDK 10.0.17110.0が必要になるようですね.


V-EZ : Vulkanを簡易化したライブラリをAMDが公開

AMDがVulkanを簡単に使用できるようにV-EZというフレームワークをGitHubで公開しています.

V-EZ brings “Easy Mode” to Vulkan
https://gpuopen.com/v-ez-brings-easy-mode-vulkan/

V-EZリポジトリ
https://github.com/GPUOpen-LibrariesAndSDKs/V-EZ

VulkanのAPIの構造を図示したものとV-EZを図示したものがリポジトリで提示されています.

GLSLのシェーダからすぐに描画できるような構造になっているようですね.


AllegorithmicのPBR GUIDE の2018年版が公開に

AllegorithmicのPBR GUIDE の2018年版が公開になっています.

THE PBR GUIDE – 2018 EDITION
https://www.allegorithmic.com/pbr-guide

このガイドではライトやシェーディングを扱うパートとテクスチャ作成の2つのパートに分かれています.

  1. Light and Matter : The theory of Physically-Based Rendering and Shading
  2. Practical Guidelines For Creating PBR Textures

Light and Matter : The theory of Physically-Based Rendering and Shading
https://academy.allegorithmic.com/courses/b6377358ad36c444f45e2deaa0626e65

Practical Guidelines For Creating PBR Textures
https://academy.allegorithmic.com/courses/05171e19aa8dc19421385fd9bb9e016e


NVIDIA Nsight Graphics 1.0リリース

NVIDIA GPU向け分析ツールとしてNsightがありましたが,その中でもグラフィックスAPI(Direct3D, OpenGL, Vulkan)をキャプチャする部分がスタンドアロンのアプリケーション”Nsight Graphics “として公開になりました.

NVIDIA is pleased to introduce Nsight Graphics 1.0!
https://developer.nvidia.com/introducing-nsight-graphics-1_0

ダウンロード
https://developer.nvidia.com/nsight-graphics

単独アプリになったことで,Visual Studioが不要になっています.DXR Debuggingにも対応しているようです.


GDC 2018 “SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED”のスライドが公開に

EA SEEDの”SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED”が公開になっています.

SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED
https://www.ea.com/seed/news/seed-gdc-2018-presentation-slides-shiny-pixels


GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開

GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開になっています.

2018 GDC
https://www.khronos.org/developers/library/2018-gdc-webgl-and-gltf

公開されているのは,以下の8セッションのものになります.

  • OpenXR : A look at OpenXR : Mar18.pdf
  • WebGL and Why You Should Target It : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Draco at GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : KHR : TTX : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Bond Dimension GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Erwin Unreal glTF GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mixed Reality with glTF : Mar18.pdf

DirectX Raytracing API発表

MicrosoftがDirectX Raytracing(DXR)というAPIを発表しました.

Announcing Microsoft DirectX Raytracing!

https://blogs.msdn.microsoft.com/directx/2018/03/19/announcing-microsoft-directx-raytracing/

Direct3D12と連動するGPUレイトレーシングのAPIになっているようです.

すでにいくつかの企業が対応のアナウンスあるようですが,UE4やUnityのようなエンジンもあるようです.

Pixも対応するようでデバッグや負荷分析もできそうです.

SDKの入手などに関しては下記のリンクの記事を読むと良いようです.

http://forums.directxtech.com/index.php?topic=5860.0


Vulkan 1.1リリース

Khronos groupからVulkan 1.1のリリースがアナウンスされています.

Khronos Group Releases Vulkan 1.1
https://www.khronos.org/news/press/khronos-group-releases-vulkan-1-1

SPIR-Vの方はバージョン1.3になるようですね.シェーダの新機能ではSubgroup Operationsが加わるようで,これはHLSLだと6.1のWave Operationにあたるものですね.

すでにBetaドライバの配布をはじめてるGPUベンダーも出てきてるようです.