Imagination がPowerVR Series5XT (SGX) シリーズのOpenGL ES機能の更新を検討

ImaginationがOpenGL ES 3.0にあわせてPowerVR Series5XT (SGX) シリーズのOpenGL ES機能の更新を検討しているようです.
Imagination pushes the boundary for existing PowerVR Series5XT (SGX) GPUs with new extended API features
http://www.imgtec.com/News/Release/index.asp?NewsID=717
PowerVR Series5XTは,iPad 2や3代目iPad, iPhone 5のSGX543やiPad 4のSGX554MPなどがあります.
更新内容に関しては,上記記事で下記のように書かれています.

The API extensions provide features such as: multiple render targets; occlusion queries; seamless cube maps; sampler access from vertex shaders; floating point textures; GLSL full-precision floating point; R and RG textures; min/max blends; and multisample render buffers

リストとして列挙してみると,

  • multiple render targets (MRTs)…マルチプルレンダーターゲット
  • occlusion queries…オクルージョンクエリー
  • seamless cube maps…シームレスキューブマップ
  • sampler access from vertex shaders…頂点シェーダでのサンプラーアクセス.Vertex Texture Fetchですね.
  •  floating point textures…浮動小数点テクスチャ
  • GLSL full-precision floating point…GLSLでの完全な精度のfloat
  •  R and RG textures…Rテクスチャ,RGのチャンネルを持つテクスチャ
  • min/max blends…min/maxブレンド
  • multisample render buffers…レンダーバッファーのマルチサンプル

個人的には,Uniform Buffer Object / Uniform Blockなどがあるとシェーダ変数を管理しやすいので助かるのですが…
あと,機能が解禁になったからといってパフォーマンス的に使えるレベルのものかはまた別な話ですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です