NVIDIAのスライド"OpenGL NVIDIA Command-List: Approaching Zero Driver Overhead"とサンプルコード

NVIDIAが”OpenGL NVIDIA Command-List: Approaching Zero Driver Overhead”というNVIDIA GPUにおける低CPUレイテンシなOpenGLの呼び出しのアプローチについての発表スライドとコードを公開しています.
コードの方は下記で公開されています.
gl_commandlist_basic
https://github.com/nvpro-samples/gl_commandlist_basic
NV_command_list拡張を利用することで,CPU負荷が低い状態でOpenGLを利用できるようです.独自のAPIではないので既存のOpenGLのコードやシェーダから移行しやすいかもしれません.
gl_commandlist_basicのページでは,1,024オブジェクトの描画で以下のような動作速度になったようです(win7-64, i7-860, Quadro K5000 system).

draw mode GPU time CPU time (microseconds)
standard 850 1750
nvcmdlist emulated 830 1500
nvcmdlist buffer 775 30
nvcmdlist list 775 <1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です