I3D 2014 : Efficient Virtual Shadow Maps for Many Lights

Ola Olsson氏がI3D 2014で発表する”Efficient Virtual Shadow Maps for Many Lights”の論文と動画公開になっています.Ola Olsson氏と言えば, 2012年に”Clustered Deferred and Forward Shading”を発表しましたが,今回の論文は多光源での影に対応する手法の論文になっています.
Tile-based Deferred Renderingの発明以降,リアルタイム3DCGの中で大量の直接光が扱えるようになりましたが,個々の光源から発生する影の問題は指摘されてましたが,ここから様々な手法が提案されていくとよいですね.
Efficient Virtual Shadow Maps for Many Lights
http://www.cse.chalmers.se/~olaolss/main_frame.php?contents=publication&id=clustered_with_shadows
実装については,まだ全文読めていないのですがOpenGL + CUDAで実装を行い.OpenGL 4.3のmulti draw indirectを使ったようですね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です