SIGGRAPH 2013: A Sort-based Deferred Shading Architecture for Decoupled Sampling

Intelの開発者がSIGGRAPH 2013で発表する”A Sort-based Deferred Shading Architecture for Decoupled Sampling”の論文を公開しています.
http://software.intel.com/en-us/articles/a-sort-based-deferred-shading-architecture-for-decoupled-sampling
ちょっとまだ読み切れていないのですが,根本的に従来のDeferred Shadingとアプローチの違う手法のようですね.Figure 7あたりが既存のフォワードレンダリングとの流れの違いが書かれています.
狙ってるところは,使用するメモリの帯域幅の小さい手法みたいです.IntelのGPUはメインメモリ共有でDDR3のものが多いので,メモリ帯域幅を押さえるというのは分かる気がします.
サンプルは公開されていませんが,GDCの時のことなどを考えるとおそらくSIGGRAPH以降か直前なんじゃないかと思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です