NVIDIA」カテゴリーアーカイブ

Ray Tracing GemsのKindle版が無料に

Ray Tracing GemsのKindle版が無料になっています.

RTG free on Kindle; consider Google Play for books
http://www.realtimerendering.com/blog/rtg-free-on-kindle-consider-google-play-for-books/

もともと出版社のサイトで電子版が無料で公開されていましたが,AmazonのKindle版も無料にということのようです. Kindleの次に無料で公開という候補としてGoogle Play Booksも検討されているようですね.

出版社のページ
https://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4842-4427-2

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライド公開

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライドが公開されています(要登録).

スライドの公開サイト
https://developer.nvidia.com/gdc19-show-guide-nvidia

Ray Tracing Gems記事”Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing”が単体で公開

Ray Tracing Gemsに掲載される記事”Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing”が単体でEA SEEDのサイトで公開されています.

Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing
https://www.ea.com/seed/news/hybrid-rendering-for-real-time-ray-tracing

VK_NV_cooperative_matrix : GeForce RTXシリーズのTensor CoreをVulkanで使用できるようにする拡張

NVIDIAのTuring CoreのGPUより搭載されたTensor CoreをCompute Shaderで使用して演算するための拡張の仕様が公開になっています.

VK_NV_cooperative_matrix仕様書
https://www.khronos.org/registry/vulkan/specs/1.1-extensions/html/vkspec.html#VK_NV_cooperative_matrix

この拡張は,Cooperative matrix型というあらたな行列型をCompute Shader使えるようで,行列の各要素はfloat16,float32,float64,sint8,sint16,sint32,sint64,uint8,uint16,uint32,uint64と8bitから64bitの精度が指定できます.この行列の演算に関しては,TuringアーキテクチャのGeForce RTXシリーズに搭載された Turing Core を使用することができるようです.

Compute Shaderで使用できるということでMLやDLのような用途でなくても良さそうなので,グラフィックス処理に使うということもできそうです.

なお,拡張の仕様は上記のドキュメントで公開され,下記のタスクリストを見るとドライバも対応になったようですが,SPIR-Vやシェーダコンパイラの対応などがまだのようです.

Task list for VK_NV_cooperative_matrix release
https://github.com/KhronosGroup/Vulkan-Docs/issues/923

使用方法に関するサンプルや下記のリポジトリに公開されています.ベンチマークになっているので,パフォーマンスについても見ることができます.シェーダを変更するための
glslangValidator.exe についても情報があります.

シェーダをSPIR-Vバイナリにしたものはリポジトリにありますので動かすことはできるんではないかと思います.

vk_cooperative_matrix_perf
https://github.com/jeffbolznv/vk_cooperative_matrix_perf

NVIDIAの開発者向けサイトでRay Tracing Gemsが先行公開

NVIDIAの開発者向けサイトでRay Tracing Gemsが先行公開されています.

The Authoritative Book on Real-Time Ray Tracing Has Arrived
https://news.developer.nvidia.com/the-authoritative-book-on-real-time-ray-tracing-has-arrived/

Ray Tracing Gems Preview
https://developer.nvidia.com/books/raytracing/raytracing_gems_preview

数日おきに公開される記事が増えるようで, 今回の先行公開はNVIDIAの開発者向けサイトの登録がいりますが, 最終的に電子版はサンプルコードとともに最終的には全部無料公開されるようです.

NVIDIA PhysX がバージョン4.0から3-Clause BSDライセンスでオープンソースに

12/20に公開になるNVIDIA PhysX 4.0からライセンスが変更になり,3-Clause BSDにライセンスが変更され,オープンソースになるアナウンスされています.

Announcing PhysX SDK 4.0, an Open-Source Physics Engine

https://news.developer.nvidia.com/announcing-physx-sdk-4-0-an-open-source-physics-engine/

今回のライセンス変更は以下のプラットフォーム向けのものが対象になります.

  • Apple iOS
  • Apple Mac OS X
  • Google Android ARM (version 2.2 or later required for SDK, 2.3 or later required for snippets)
  • Linux (tested on Ubuntu)
  • Microsoft Windows XP or later (NVIDIA Driver version R304 or later is required for GPU acceleration)

ゲームのコンソール機に関しては従来のEULAのままだそうです.

VulkanでGeForce RTXシリーズ向けレイトレーシング拡張とドライバの公開

VulkanでGeForce RTXシリーズのレイトレーシング機能を使用する拡張(VK_NV_ray_tracing)の仕様書が出たようです.

https://www.khronos.org/registry/vulkan/specs/1.1-extensions/html/vkspec.html#VK_NV_ray_tracing

ドライバは416.81以降となるようです.

http://www.nvidia.com/Download/driverResults.aspx/139606/en-us

NVIDIAのRTX向けレイトレーシングのサンプル集

NVIDIAがGitHubでGettingStartedWithRTXRayTracingというRTXのサンプルを公開しています.

GettingStartedWithRTXRayTracing
https://github.com/NVIDIAGameWorks/GettingStartedWithRTXRayTracing

NVIDIAのレンダリングフレームワークのFalcor上で以下のようなサンプルやDXRのチュートリアル的サンプルがあります.

  • 01-OpenWindow
  • 02-SimpleRasterShader
  • 03-RasterGBuffer
  • 04-RayTracedGBuffer
  • 05-AmbientOcclusion
  • 06-TemporalAccumulation
  • 07-SimpleAntialiasing
  • 08-ThinLensCamera
  • 09-LambertianPlusShadows
  • 10-LightProbeEnvironmentMap
  • 11-OneShadowRayPerPixel
  • 12-DiffuseGlobalIllumination
  • 13-SimpleToneMapping
  • 14-GGXGlobalIllumination

DXRサンプルは2つです.Ray Tracing In One WeekendをDXRでやるサンプルもあります.

  • DXR-RayTracingInOneWeekend
  • DXR-Sphereflake Better

このサンプル自体はWindows 10 RS4を対象にしたもののようでRS5では動作しないようなのでそこは少し待つ必要がありそうです.