カテゴリー別アーカイブ: NVIDIA

NVIDIA PhysX がバージョン4.0から3-Clause BSDライセンスでオープンソースに

12/20に公開になるNVIDIA PhysX 4.0からライセンスが変更になり,3-Clause BSDにライセンスが変更され,オープンソースになるアナウンスされています.

Announcing PhysX SDK 4.0, an Open-Source Physics Engine

https://news.developer.nvidia.com/announcing-physx-sdk-4-0-an-open-source-physics-engine/

今回のライセンス変更は以下のプラットフォーム向けのものが対象になります.

  • Apple iOS
  • Apple Mac OS X
  • Google Android ARM (version 2.2 or later required for SDK, 2.3 or later required for snippets)
  • Linux (tested on Ubuntu)
  • Microsoft Windows XP or later (NVIDIA Driver version R304 or later is required for GPU acceleration)

ゲームのコンソール機に関しては従来のEULAのままだそうです.

VulkanでGeForce RTXシリーズ向けレイトレーシング拡張とドライバの公開

VulkanでGeForce RTXシリーズのレイトレーシング機能を使用する拡張(VK_NV_ray_tracing)の仕様書が出たようです.

https://www.khronos.org/registry/vulkan/specs/1.1-extensions/html/vkspec.html#VK_NV_ray_tracing

ドライバは416.81以降となるようです.

http://www.nvidia.com/Download/driverResults.aspx/139606/en-us

NVIDIAのRTX向けレイトレーシングのサンプル集

NVIDIAがGitHubでGettingStartedWithRTXRayTracingというRTXのサンプルを公開しています.

GettingStartedWithRTXRayTracing
https://github.com/NVIDIAGameWorks/GettingStartedWithRTXRayTracing

NVIDIAのレンダリングフレームワークのFalcor上で以下のようなサンプルやDXRのチュートリアル的サンプルがあります.

  • 01-OpenWindow
  • 02-SimpleRasterShader
  • 03-RasterGBuffer
  • 04-RayTracedGBuffer
  • 05-AmbientOcclusion
  • 06-TemporalAccumulation
  • 07-SimpleAntialiasing
  • 08-ThinLensCamera
  • 09-LambertianPlusShadows
  • 10-LightProbeEnvironmentMap
  • 11-OneShadowRayPerPixel
  • 12-DiffuseGlobalIllumination
  • 13-SimpleToneMapping
  • 14-GGXGlobalIllumination

DXRサンプルは2つです.Ray Tracing In One WeekendをDXRでやるサンプルもあります.

  • DXR-RayTracingInOneWeekend
  • DXR-Sphereflake Better

このサンプル自体はWindows 10 RS4を対象にしたもののようでRS5では動作しないようなのでそこは少し待つ必要がありそうです.

VulkanからRTXのレイトレーシングを行うNVIDIAの記事

NVIDIAの開発者向けサイトでIntroduction to Real-Time Ray Tracing with Vulkanという記事が公開されています.

Introduction to Real-Time Ray Tracing with Vulkan
https://devblogs.nvidia.com/vulkan-raytracing/

この記事ではVK_NVX_raytracing拡張からRTXを利用することが紹介されています(この記事執筆時点では公開されていない拡張です).

記事を読むとわかりますが,VK_NVX_raytracingによるレイトレーシングはOptiXやDXRと比較的近い構造になっています.シェーダはGLSLで記述をします.

TuringアーキテクチャのGPUの新機能のOpenGL/Vulkan拡張の記事

NVIDIAのCyril Crassin氏がTuringアーキテクチャのGPUの新機能のOpenGLとVulkan拡張をまとめた記事を書いています.

NVIDIA Turing Vulkan/OpenGL extensions
https://blog.icare3d.org/2018/09/nvidia-turing-vulkanopengl-extensions.html

今回OpenGLとVulkanの拡張として公開されているのは以下の機能です.以前の記事で公開された新機能以外のものも入っています.

  • Ray-Tracing Acceleration
  • Mesh Shading
  • Variable Rate Shading
  • Exclusive Scissor Test
  • Texture Access Footprint
  • Derivatives in Compute Shader
  • Barycentric Coordinates and manual attributes interpolation
  • Ptex Hardware Acceleration
  • Representative Fragment Test
  • Multi-View Rendering

NVIDIAのMesh Shaderの紹介記事

NVIDIAの開発者向けblogでTuringで加わる新機能の”Mesh Shader”の紹介記事が掲載されています.

Introduction to Turing Mesh Shaders
https://devblogs.nvidia.com/introduction-turing-mesh-shaders/

この機能は,OpenGL, Vulkan, Direct3D12からは拡張機能として使用できるようになるようですね.記事ではGLSL環境での使い方が解説されていますのでグラフィックスAPIでの標準化の前から使用できることになりそうですね.

NVIDIA TuringアーキテクチャのGPUの詳細記事やWhitepaper

NVIDIAの開発者向けサイトでGeForce RTXシリーズのTuringアーキテクチャのGPUの技術的な詳細を紹介した記事とWhitepaperが公開されています.

NVIDIA Turing Architecture In-Depth
https://devblogs.nvidia.com/nvidia-turing-architecture-in-depth/

Whitepaper
https://www.nvidia.com/content/dam/en-zz/Solutions/design-visualization/technologies/turing-architecture/NVIDIA-Turing-Architecture-Whitepaper.pdf

今回のアーキテクチャの刷新は新機軸が多いので読んでおくとよさそうですね.

ラスタライズ向けの新機能の4つですが,これらに関してはおいおい紹介していきます.

  • Mesh shading
  • Variable Rate Shading
  • Texture Space Shading
  • Multi-View Render

このうちMesh ShadingとVariable Rate Shading (VRS)にTwitterで取り上げられてますね.