NVIDIA PhysX がバージョン4.0から3-Clause BSDライセンスでオープンソースに

12/20に公開になるNVIDIA PhysX 4.0からライセンスが変更になり,3-Clause BSDにライセンスが変更され,オープンソースになるアナウンスされています.

Announcing PhysX SDK 4.0, an Open-Source Physics Engine

https://news.developer.nvidia.com/announcing-physx-sdk-4-0-an-open-source-physics-engine/

今回のライセンス変更は以下のプラットフォーム向けのものが対象になります.

  • Apple iOS
  • Apple Mac OS X
  • Google Android ARM (version 2.2 or later required for SDK, 2.3 or later required for snippets)
  • Linux (tested on Ubuntu)
  • Microsoft Windows XP or later (NVIDIA Driver version R304 or later is required for GPU acceleration)

ゲームのコンソール機に関しては従来のEULAのままだそうです.