無料で読めるレイトレーシングの電子書籍の話題

SIGGRAPH 2018はリアルタイムレイトレーシングが話題になりましたが,いくつかの電子書籍が無料で読めるようになっていますので紹介していきます.

Peter Shirley氏のレイトレーシング入門電子書籍がSIGGRAPH 2018やTuring発表のタイミングで無料公開されています.

公開されているのは以下の3冊平易な文章とC++で書けるようになっています.まずは1から書いてみたいという人には良いと思います.

  • Ray Tracing in One Weekend
  • Ray Tracing: the Next Week
  • Ray Tracing: The Rest Of Your Life

https://drive.google.com/drive/folders/14yayBb9XiL16lmuhbYhhvea8mKUUK77W

サンプルのリポジトリ
https://github.com/petershirley

もう1つは,Real-Time Rendering, Fourth Editionの中で収録が間に合わなかったため電子版で公開されるReal-Time Ray Tracingの章です.”Real-Time”がつくこともあり,こちらはGPUレイトレーシングで使わる手法や用語の解説がありますので,OptiXやDXRの使用者などがAPIの中で動いている理論を知るのによいと思います.

書籍全体の情報ページ
http://www.realtimerendering.com/

無料公開のReal-Time Ray Tracingの章
http://www.realtimerendering.com/Real-Time_Rendering_4th-Real-Time_Ray_Tracing.pdf