DirectXShaderCompilerのシェーダバージョンやシェーダモデル6.xの機能

HLSL 6.0からシェーダコンパイラがDirectXShaderCompilerに代わりますが,言語のバージョンの違いやSM 6.xの機能の違いなどがWikiにまとめられるようになりました.

Language VersionsではDirectXShaderCompilerのコマンドライン引数で渡すバージョンについて書かれています.Creators Updateの時のHLSL 2015とFall Creators UpdateのHLSL 2016と今後のロードマップがあります.

Language Versions
https://github.com/Microsoft/DirectXShaderCompiler/wiki/Language-Versions

SM 6.xは,6.0~6.2がありますが,6.2は現在使用策定中ですが16bit floatのサポートが入るようですね.

Shader Models
https://github.com/Microsoft/DirectXShaderCompiler/wiki/Shader-Models

今後もこのページは更新されそうなので,ここをチェックするとよさそうですね。