カテゴリー別アーカイブ: OpenCL

GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開

GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開になっています.

2018 GDC
https://www.khronos.org/developers/library/2018-gdc-webgl-and-gltf

公開されているのは,以下の8セッションのものになります.

  • OpenXR : A look at OpenXR : Mar18.pdf
  • WebGL and Why You Should Target It : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Draco at GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : KHR : TTX : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Bond Dimension GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Erwin Unreal glTF GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mixed Reality with glTF : Mar18.pdf

Baikal Renderer:AMD RadeonRaysベースのオープンソースレンダラ

GPU OpenでBaikal RendererというAMD RadeonRaysベースのオープンソースのレンダラが紹介されています.

Baikal Renderer: Open-source Radeon ProRender backend
http://gpuopen.com/baikal-renderer-open-source-radeon-prorender-backend/

RadeonProRender-Baikalリポジトリ
https://github.com/GPUOpen-LibrariesAndSDKs/RadeonProRender-Baikal

RadeonRaysはレイトレ-シングのライブラリですが,Baikalはマテリアルやライト,ジオメトリなどの高機能なレンダラになっているようです.

OpenCL 2.2 SPIR-V 1.2リリース

Khronos GroupがOpenCL 2.2とSPIR-V 1.2のリリースを発表しています.

Khronos Releases OpenCL 2.2 With SPIR-V 1.2
https://www.khronos.org/news/press/khronos-releases-opencl-2.2-with-spir-v-1.2

昨年仕様が発表されリリースという形になったようですね.OpenCL 2.2ではOpenCL C++カーネルがC++14相当になったようですね(GPU上での動作に制約があるものなどは動かないのでサブセットということで).ほかにSYCL 2.2(SYCLはOpenCLのようにCPUとGPUのコードが分離する形ではなく,混在して書ける環境)などもリリースされているようですね.

https://www.khronos.org/assets/uploads/press_releases/Khronos-releases-OpenCL2-2_JP.pdf

OpenCLに関してはあまり追ってなかったのですが,SPIRとSPIR-Vと別れていたものはSPIR-V 1.1でOpenCL対応になっていたんですね.1.2はOpenCL 2.2で拡張された部分の対応のようですね.

SIGGRAPH ASIA 2016のKhronos groupの発表スライドが公開に

Khronos groupのSIGGRAPH Asia 2016の発表スライドが公開になっています.

https://www.khronos.org/developers/library/2016-siggraph-asia

今回はAPIやワークグループごとにBoFがある形ではなく,全部まとまった資料になっています.

トピックとして,以下のようなものを扱っています.

  • OpenCL 2.2
    • SYCL
  • OpenCV
  • SPIR-V
  • Vulkan
  • OpenVX
    • Neural Net Extension
    • NNEF
      • Neural Network Exchange Format…ニューラルネットワーク交換フォーマット
  • WebGL
  • glTF
    • 将来の機能の話などがあります
  • VRの標準化

Khronos GroupがSIGGRAPH 2016のBoFのスライドや動画を公開

Khronos GroupがSIGGRAPH 2016の各種(OpenGLやOpenCLなど)のBoFのスライドや動画を公開しています.

https://www.khronos.org/developers/library/2016-siggraph
BoFの中でKhronos Groupとしての発表以外のスライドについては公開されていませんので,それらは各企業や発表者からの公開になりそうですね.

Vulkan 1.0の仕様が公開に

Vulkan 1.0の仕様が公開になっています.

https://www.khronos.org/vulkan/

すでに一部のAMD, NVIDIAともにドライバの公開を始めています.それぞれのGPUベンダーのVulkanリリースに関してまとめてあるページは下記です(ドライバなどの情報もあり).

AMD
http://gpuopen.com/gaming-product/vulkan/

NVIDIA
https://developer.nvidia.com/vulkan-graphics-api-here

Intel(オープンソースグラフィックスドライバが動作をサポート)
http://blogs.intel.com/evangelists/2016/02/16/intel-open-source-graphics-drivers-now-support-vulkan/

リリースに際して,様々な情報が一気に出てきているのでいろいろと有益な情報があればエントリを随時追加していきます.

OpenGPUのWebサイトが公開に

AMDがGPUの様々な機能にアクセスするコードやGPUを活用したライブラリなどをオープンソースで公開する予定のOpenGPUのサイトが公開になっています.

OpenGPU
http://gpuopen.com/

まだすべてのライブラリがオープンソースになっているわけではありませんが,すでに様々なライブラリのリポジトリがGithub上で公開になっています.

GPUOpen Libraries & SDKs
https://github.com/GPUOpen-LibrariesAndSDKs

GPUOpen Effects
https://github.com/GPUOpen-Effects

GPUOpen-Toolsのリポジトリ
https://github.com/GPUOpen-Tools

これからGDC 2016などがありますので,それまでに多くのものが公開になってきそうで注目ですね.

AMDのGPUレイトレーシング用ライブラリFireRaysが公開に

AMDのレイトレーシング用ライブラリFireRaysが公開になったみたいです.

AMD FireRays Library Accelerates Ray Tracing
http://developer.amd.com/community/blog/2015/08/14/amd-firerays-library/

FireRays SDK – High Efficiency, High Performance (パフォーマンスや使い方を解説した記事)
http://developer.amd.com/tools-and-sdks/graphics-development/firepro-sdk/firerays-sdk/

ダウンロード
http://developer.amd.com/tools-and-sdks/graphics-development/firepro-sdk/

OpenCLベースなので,ベンダーやOSに依存しなさそうな感じですが,一応FireProが動作対象のGPUのようですね.

書籍:GPU Pro 6のKindle版

完全に発売を見落としていたのですが,GPU Pro 6のKindle版が購入できるようになっています.

出版社の紹介ページ(GPU Proのものより目次は詳細です)
https://www.crcpress.com/GPU-Pro-6-Advanced-Rendering-Techniques/Engel/9781482264616

GPU Proのblog
http://gpupro.blogspot.jp/

目次
http://gpupro.blogspot.jp/2014/12/gpu-pro-6-table-of-contents.html