Game Engine」カテゴリーアーカイブ

Game Engineの話題

Ray Tracing GemsのKindle版が無料に

Ray Tracing GemsのKindle版が無料になっています.

RTG free on Kindle; consider Google Play for books
http://www.realtimerendering.com/blog/rtg-free-on-kindle-consider-google-play-for-books/

もともと出版社のサイトで電子版が無料で公開されていましたが,AmazonのKindle版も無料にということのようです. Kindleの次に無料で公開という候補としてGoogle Play Booksも検討されているようですね.

出版社のページ
https://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4842-4427-2

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライド公開

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライドが公開されています(要登録).

スライドの公開サイト
https://developer.nvidia.com/gdc19-show-guide-nvidia

UnityのUSD SDKのアップデート USDZエクスポート対応など

UnityのUSD SDKが更新され,機能が追加されたようです.

フォーラムの記事
https://forum.unity.com/threads/usd-for-unity-updates.646645/

追加された機能は USDZでのエクスポートができるようになったようです.その他にマテリアルの対応,頂点スキニングの対応,Prefab,Timelineでの録画とプレイバック,HDRP,C# job systemがサポートされたようです.

USDZはUSDをパックした形式ですが,macOSやiOSがサポートしており,SafariでARでモデルを見たりすることができるのですが,データを作成できるツールが少なかったので使用率が高まりそうですね.iOSで3Dデータを追加のソフトウェアを見せたいというケースで役に立ちそうですね.

Syysgraph 2018のEA SEED の発表 Modern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingのスライド

Syysgraph 2018のModern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingスライドが公開になっています.

Modern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracing
https://www.ea.com/seed/news/syysgraph-2018-modern-graphics-abstractions-real-time-ray-tracing

今年のHalcyonの発表は色々とありましたが,集大成的な発表になっています.

  • Vulkan版対応の話
  • Render Graphの話
  • マルチGPUでのGPUの仮想化
  • Machine Learning対応
  • アセットパイプライン
  • シェーダ
    • マルチプラットフォーム対応
    • Wave / Subgroup対応
  • レイトレーシング
  • ハイブリッドレンダリング
  • Transparent Shadow
  • Transparency & Translucency
  • GI
  • デノイズ

GDC 2018 “SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED”のスライドが公開に

EA SEEDの”SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED”が公開になっています.

SHINY PIXELS AND BEYOND: REAL-TIME RAYTRACING AT SEED
https://www.ea.com/seed/news/seed-gdc-2018-presentation-slides-shiny-pixels

GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開

GDC 2018 Khronos group関連セッションスライド公開になっています.

2018 GDC
https://www.khronos.org/developers/library/2018-gdc-webgl-and-gltf

公開されているのは,以下の8セッションのものになります.

  • OpenXR : A look at OpenXR : Mar18.pdf
  • WebGL and Why You Should Target It : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Draco at GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : KHR : TTX : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Bond Dimension GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mike Erwin Unreal glTF GDC : Mar18.pdf
  • WebGL and glTF : Mixed Reality with glTF : Mar18.pdf

DirectX Raytracing API発表

MicrosoftがDirectX Raytracing(DXR)というAPIを発表しました.

Announcing Microsoft DirectX Raytracing!

https://blogs.msdn.microsoft.com/directx/2018/03/19/announcing-microsoft-directx-raytracing/

Direct3D12と連動するGPUレイトレーシングのAPIになっているようです.

すでにいくつかの企業が対応のアナウンスあるようですが,UE4やUnityのようなエンジンもあるようです.

Pixも対応するようでデバッグや負荷分析もできそうです.

SDKの入手などに関しては下記のリンクの記事を読むと良いようです.

http://forums.directxtech.com/index.php?topic=5860.0