WWDC 18 “Metal for Ray Tracing Acceleration”セッション動画とスライド公開

WWDC 18の”Metal for Ray Tracing Acceleration”が公開されています.

Metal for Ray Tracing Acceleration
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2018/606/

AppleのOSでもMetalベースのレイトレーシング環境の概要と使い方が紹介されています.GPUを使用す部分はMetal Performance Shadersで記述ができるようですね.

外付けのeGPUを使ったマルチGPUへの処理の分散などへの対応の話もありますね.