DXR」カテゴリーアーカイブ

Ray Tracing GemsのKindle版が無料に

Ray Tracing GemsのKindle版が無料になっています.

RTG free on Kindle; consider Google Play for books
http://www.realtimerendering.com/blog/rtg-free-on-kindle-consider-google-play-for-books/

もともと出版社のサイトで電子版が無料で公開されていましたが,AmazonのKindle版も無料にということのようです. Kindleの次に無料で公開という候補としてGoogle Play Booksも検討されているようですね.

出版社のページ
https://link.springer.com/book/10.1007/978-1-4842-4427-2

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライド公開

GDC 2019のNVIDIA関連発表のスライドが公開されています(要登録).

スライドの公開サイト
https://developer.nvidia.com/gdc19-show-guide-nvidia

Ray Tracing Gems記事”Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing”が単体で公開

Ray Tracing Gemsに掲載される記事”Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing”が単体でEA SEEDのサイトで公開されています.

Hybrid Rendering for Real-Time Ray Tracing
https://www.ea.com/seed/news/hybrid-rendering-for-real-time-ray-tracing

NVIDIAの開発者向けサイトでRay Tracing Gemsが先行公開

NVIDIAの開発者向けサイトでRay Tracing Gemsが先行公開されています.

The Authoritative Book on Real-Time Ray Tracing Has Arrived
https://news.developer.nvidia.com/the-authoritative-book-on-real-time-ray-tracing-has-arrived/

Ray Tracing Gems Preview
https://developer.nvidia.com/books/raytracing/raytracing_gems_preview

数日おきに公開される記事が増えるようで, 今回の先行公開はNVIDIAの開発者向けサイトの登録がいりますが, 最終的に電子版はサンプルコードとともに最終的には全部無料公開されるようです.

書籍:Ray Tracing Gemsの目次と表紙が公開に

昨年,出版が発表されたRay Tracing Gemsの目次と表紙が公開になっています.

目次
http://www.realtimerendering.com/raytracinggems/

Real-Rendering “Ray Tracing Gems” nears completion
http://www.realtimerendering.com/blog/ray-tracing-gems-nears-completion/

GemsとつくとTipsを集めたものになりがちですが,今回はレイトレーシングの基礎的な部分やDXRの概要を紹介するような記事などもあるようですね.

Syysgraph 2018のEA SEED の発表 Modern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingのスライド

Syysgraph 2018のModern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracingスライドが公開になっています.

Modern Graphics Abstractions & Real-Time Ray Tracing
https://www.ea.com/seed/news/syysgraph-2018-modern-graphics-abstractions-real-time-ray-tracing

今年のHalcyonの発表は色々とありましたが,集大成的な発表になっています.

  • Vulkan版対応の話
  • Render Graphの話
  • マルチGPUでのGPUの仮想化
  • Machine Learning対応
  • アセットパイプライン
  • シェーダ
    • マルチプラットフォーム対応
    • Wave / Subgroup対応
  • レイトレーシング
  • ハイブリッドレンダリング
  • Transparent Shadow
  • Transparency & Translucency
  • GI
  • デノイズ

NVIDIAのRTX向けレイトレーシングのサンプル集

NVIDIAがGitHubでGettingStartedWithRTXRayTracingというRTXのサンプルを公開しています.

GettingStartedWithRTXRayTracing
https://github.com/NVIDIAGameWorks/GettingStartedWithRTXRayTracing

NVIDIAのレンダリングフレームワークのFalcor上で以下のようなサンプルやDXRのチュートリアル的サンプルがあります.

  • 01-OpenWindow
  • 02-SimpleRasterShader
  • 03-RasterGBuffer
  • 04-RayTracedGBuffer
  • 05-AmbientOcclusion
  • 06-TemporalAccumulation
  • 07-SimpleAntialiasing
  • 08-ThinLensCamera
  • 09-LambertianPlusShadows
  • 10-LightProbeEnvironmentMap
  • 11-OneShadowRayPerPixel
  • 12-DiffuseGlobalIllumination
  • 13-SimpleToneMapping
  • 14-GGXGlobalIllumination

DXRサンプルは2つです.Ray Tracing In One WeekendをDXRでやるサンプルもあります.

  • DXR-RayTracingInOneWeekend
  • DXR-Sphereflake Better

このサンプル自体はWindows 10 RS4を対象にしたもののようでRS5では動作しないようなのでそこは少し待つ必要がありそうです.

NVIDIA TuringアーキテクチャのGPUの詳細記事やWhitepaper

NVIDIAの開発者向けサイトでGeForce RTXシリーズのTuringアーキテクチャのGPUの技術的な詳細を紹介した記事とWhitepaperが公開されています.

NVIDIA Turing Architecture In-Depth
https://devblogs.nvidia.com/nvidia-turing-architecture-in-depth/

Whitepaper
https://www.nvidia.com/content/dam/en-zz/Solutions/design-visualization/technologies/turing-architecture/NVIDIA-Turing-Architecture-Whitepaper.pdf

今回のアーキテクチャの刷新は新機軸が多いので読んでおくとよさそうですね.

ラスタライズ向けの新機能の4つですが,これらに関してはおいおい紹介していきます.

  • Mesh shading
  • Variable Rate Shading
  • Texture Space Shading
  • Multi-View Render

このうちMesh ShadingとVariable Rate Shading (VRS)にTwitterで取り上げられてますね.

EA SEEDの”Stochastic all the things: Raytracing in hybrid real-time rendering”スライド

ポーランドで開催されたDigital Dragons 2018でEA SEEDからの発表”Stochastic all the things: Raytracing in hybrid real-time rendering”のスライドが公開されています.

Stochastic all the things: Raytracing in hybrid real-time rendering
https://www.ea.com/seed/news/seed-dd18-presentation-slides-raytracing

GDC 2018でDXRの発表の際にEAが公開したPICA PICAのデモの技術的な紹介なのですが,GDCの時の発表よりもより深く解説されていますね.